請使用有支援 javascript 的瀏覽器

Taiwan Joint Irrigation Association

pond

 

:::

台湾の灌漑環境及び資源

自然環境

  台湾の総面積は約36000平方キロメートルで、中央山脈が南北に走り、東部は細長い渓谷、西部はやや広い平野となっており、亜熱帯の海島型気候に属します。大陸からの気流の影響を受けて、高温多雨で風も強く、季節と地域の格差によりその変化も複雑です。北東部の夏は乾燥し、冬は多雨、南西部の夏は豪雨が集中し、冬は乾燥します。

水文と気象

  社会と経済情勢の変化は、農業生産を弱勢産業へと追いやりましたが、国家の糧食は確保しなければならず、農田灌漑の重責は依然として存在しており、農田水利の正常な機能が求められています。この為、連合会は今後も農田水利会の互助協力、共同発展の目的を堅持し、工作内容の充実、作業項目の発展、作業方式の革新をすすめ、農田水利事業が管理の科学化、施設の現代化、組織の強力化、財源の多様化、業務のコンピュータ化、人力の若年化に向かって邁進して参ります。

  • 気候:
  • 台湾は亜熱帯気候に属し、年間の気温はやや高温多湿で、平野は農作物の成長に適しています。しかし、毎年 10 月から翌年の 3 月までは東北モンスーンが吹き、夏秋には台風と豪雨が集中し、大きな災害をもたらすこともあります。

  • 水文:
  • 台湾は雨量が豊富で、降水量は年間平均2,510mmにも達します。ただ、降雨の時間と地域の分布はばらばらで、80%近い雨量が毎年5月~10月の雨期に集中しています。台風や洪水の災害を軽減する為には、関連情報を蒐集して対応しなければなりません。この為、915カ所に雨量観測ステーション、134カ所に流量観測ステーションを全地域の重要な水文拠点に設置し、網状の観測態勢で水文の変化を捉えています。

  • 河川:
  • 台湾の河川は中央山脈を分水嶺として東西に流れています。主な河川は29本あり、灌漑用水の重要な水源となっています。各河川とも短く、流れが急です。降水量により水量が急激に増減する為、極めて激しい変化を呈しています。渇水期には流量が少なく、上水道と工業用水は農業用水から融通を受けています。豊水期は上流の地質が脆弱な上、河谷が狭く険しい為、川の水は大量の土砂を含みながら下流へと流れて行きます。この為、河川幅の広い下流が氾濫し、治水に困難を来しています。

水資源の開発利用

  台湾地域の平均降水量は 905億 m3。年間用水量は約 176億 m3 で、年間降水量の 19 %を占めています。この内、農業用水は 124億 m3 、民生用水が 35 億 m3 、工業用水が 17億 m3 です。水源は河川が 87億 m3 、地下水が 54億 m3 、貯水庫が 35億 m3

土地資源の開発と改良

  台湾の総面積は 360 万ヘクタールで、この内、平野地域が 95 万ヘクタール、中山間地域が 97 万ヘクタール、高山地域が 168 万ヘクタールです。本来、耕作可能用地は約 100 万ヘクタールありましたが、工業・商業用途に大幅に変更されました。幸い、政府が河川新生地 13,000 余ヘクタール、干拓地 4,300 余ヘクタールを開発した為、目下の耕作可能用地は約 87 万ヘクタールに上り、この内、農田水利会の灌漑管轄区は約 37 万 8,000 ヘクタール、私設埤圳による灌漑地は約 10 万ヘクタールです。

  政府は耕地の高度な運用を図る為、総合的且つ多目標の土地改革措置-耕地整理を行い、目下、水田部分の 75 %が完了しており、同時に耕地整理におけるフィジビリティ調査を積極的に行っています。

現有の農田灌漑施設

  稲作が中心となっている台湾の農業社会では、農業灌漑運営組織の規模が極めて大きく、灌漑設備も完備しています。灌漑技術、用水分配及び管理組織の運営に於いては、世界でも数少ない最も成功した国の一つです。

  台湾地区には、 17 ヶ所の農田水利会が設けられており、用水管理の外、区域内の水利施設の維持管理をし、農田灌漑用水の分配と余水の排水を行っています。

  目下、農田水利会の水路には、導水路、幹線、支線、分線、中小給水路及び排水路など約6万 7,000 本、長さにして約 6,700m です。ダム、頭首工、水門、導水管、水道橋、落差工、ダクト、量水設備などの重要な設備は約 18 万あり、各地の農田水利会が管理・運営しています。