請使用有支援 javascript 的瀏覽器

Taiwan Joint Irrigation Association

pond

 

:::

農田水利会の性質、任務及び組織

農田水利会の沿革

  農田水利会は農田水利会の組織通則に基づき設立され、政府の農田水利事業の推進を目的とする公的法人です。水利組織の沿革:

明清時代

私設埤圳、個人経営、水利施設は自由売買ができる。


日本統治時代( 1944 年以前)
  • 1901 年「公共埤圳」を設立
  • 1908 年「官設埤圳」を設立
  • 1922 年「水利組合」を設立

光復以降( 1945 年以降)
  • 1945 年「農田水利協会」に組織変え
  • 1948 年「水利委員会」に組織変え

  明清時代は私設埤圳・個人経営・水利施設は自由売買が可能。 1901 年に「公共用水路」を設立、 1908 年に「官設埤圳」を設立、 1908 年に「官設埤圳」を設立、 1922 年に「水利組合」を設立、 1945 年に「農田水利協会」に組織変え、 1948 年に「水利委員会」に組織変え、 1956 年に「農田水利会」に組織変え。

組織

  台湾地域には宜蘭、北基、桃園、石門、新竹、苗栗、台中、南投、彰化、雲林、嘉南、高雄、屏東、台東、花蓮、七星、瑠公など17カ所に農田水利会が設けられています。これらの議事機関は会務委員により組織された会務委員会が行っており、業務の執行は会長及び各級専任スタッフにより行われています。会長及び会務委員は会員の直接選挙により選出されます。水利会の下には作業ステーションが設けられており、その低層組織が水利チームであり、チームリーダーはチーム会員の直接選挙により選ばれます。

任務

  農田水利会の組織通則第十条では、農田水利会の六大法定任務を定めています。即ち農田水利事業の推進・改善・保養・管理、災害予防と緊急措置、経費の調達と基金の設立、効果の研究と発展、政府の政策に合わせた土地・農業・工業政策の推進及び農村建設、法に基づいた主管機関からの指定任務執行などです。